医学部進学のための予備校を探すときの注意点を教えます

医学部進学を目指すなら、予備校や塾に行く方が多いでしょう。どんなタイプがあっているか見極める必要があります。大手予備校であれば質の高い講師が多数在籍しており、テキストもよく研究されているものばかりです。ただし一方通行の授業であることが多い為、計画的に予習、復習するなどして自分で進められる人に向いています。医学部専門の予備校もあります。医学部入試情報に詳しく、合格のための統計なども持っていることから的確な指導を受けることができます。医学部に特化した内容になっており、無駄なく効率的に学習を進めることができます。周りはみんなライバルですので、合格レベルの指標もわかりやすく目標設定がしやすいです。そのほか、個人塾や家庭教師の指導を受ける方もいますが、情報量から言っても予備校と並行して足りない部分を補う程度に考えた方がよいでしょう。

医学部を目指すなら医学部専門予備校がおすすめ

大手予備校、医学部専門予備校、塾、家庭教師などそれぞれいいところ、足りない部分がありますが、自分に合っていることが大前提となります。昨今医学部志願人数は増加傾向にあり、難易度は年々上昇しています。全体に底上げされてきたこともあり、医学部合格へ向けた学習環境が整っている医学部専門の予備校人気が高まっています。医学部専門予備校では学習管理が徹底されており、学習進捗状況もしっかり管理されています。だからこそ自己管理が苦手な人こそ医学部専門予備校が向いていると言えます。講師の質も高く、医学部合格者を多数出してきた実績ある講師が多いのも特徴です。情報や分析レベルも高く、目指す大学の傾向や対策もしっかり教えてもらえるので、目標設定がしやすいです。反対に自分と相性の良い医学部を紹介してもらえるなど、進路相談においても親身になってくれるので心強いです。

目指す大学に合わせた医学部予備校の選び方

医学部専門予備校は私立医学部受験を得意としているところが多く、国公立大学の医学部を目指すなら慎重に選ぶべきです。目指す大学への合格者をどれだけ排出しているかで選ぶのもよいでしょう。合格実績が多ければ多いほど情報も多く、体験談なども聞くことができるので、受験対策のコツも入手しやすいです。費用については高額になることが多いですが、300~600万円と予備校によってばらつきがあるのでしっかりと事前確認を怠らないようにしきましょう。学費だけで選択するのは危険で、自分に合っているかどうかが一番のポイントとなります。自己管理が苦手、同じ目標を持つ人たちと切磋琢磨したいなら少人数制がおすすめです。また昨今は現役合格や1浪志向が強いこともあり、現役指導に力を入れている予備校がおすすめです。