太陽光発電、神奈川の場合について

神奈川の太陽光の施策は個人での設置に補助金を出しています。原則として、設置作業前に申請を出す必要がありますが、個人での太陽光パネルを強く推し進める施策といえます。
他の県では、市民ファンドなどの推進がみることができます。
熊本県ではくまもとソーラープロジェクトというプロジェクトが進められています。熊本県では県ぐるみで太陽光での発電を推奨しています。

静岡ではしずおか未来エネルギーという市民ファンドが存在しており。そこでもメガソーラーが設置されています。このような企業ぐるみ、市民ぐるみでのクリーンエネルギー、再生可能エネルギーの普及は進んできていますが、個人での太陽光パネルの設置はまだまだ、値段が高く、安易に設置することができません。

それを考えると、神奈川県の太陽光発電の施策は個人を応援しているといっても過言ではなく、日本国単位での施策と合わせると大変、設置しやすくなったといえます。
そもそも、再生可能エネルギーは、化石燃料の枯渇から注目されはじめたエネルギーで、比較的若いエネルギーだと言えます。太陽光発電以外にも風力発電、ダム等を利用した水力発電、潮の満ち引きを利用した潮力発電、地下の熱源を利用した地熱発電があり、それぞれ、長所や短所があります。

たとえば、風力発電では、風が吹かなければ、発電することができません、地熱発電は温泉などの観光資源が枯渇する可能性もある上、地盤の不安定化や、調査に長い期間がかかる事が問題点として、指摘されています。
太陽光発電にも、もちろん問題点は存在します。
太陽光をエネルギー源として利用するため、天候によって、発電量がかなり左右される事がまず、あげられます。また、太陽光は光合成にも利用されます。屋根などの場所に設置する場合と違って、わざわざ土地を買って大量のメガソーラーを設置する場合はそれまでそこで太陽のエネルギーを利用していた生物がその資源を得ることができずに、植物の多様性にも影響が出る可能性があります。
実際に、企業として参加している団体やファンドは今まで開発されていなかった土地を購入して、そこに設置する傾向が見られます。

神奈川の施策においては、自宅等の今現在利用している建物の屋根などにつける事がしやすくなるため、同じ面積の太陽光パネルを設置するにしても、自然の生態系への影響が軽減することができます。
実際にエコなエネルギーを使うだけではなく、設置の面においても、環境面に配慮した施策と考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*