太陽光発電を始めよう

まず、太陽光発電をはじめるために太陽光発電のメリットを説明しましょう。

まず、太陽光発電は発電時に二酸化炭素を排出しません。

現代の地球温暖化の問題で低酸素社会に向けた取り組みが始まっています。
現在の発電システムの主流は、火力発電なのですが火力発電は、発電時に二酸化炭素を排出してしまいます。

それに代わるのが原子力発電なのですが、今回の地震の影響で大きな問題が発生しています。

その点、太陽光発電システムはまったく二酸化炭素を排出いたしません。

とても安全なシステムだと言えるでしょう。

次に、送電のロスがありません。

基本、電力会社から電気をもらう時、電線を通って各家庭に行き通ります。

しかし、この送電時にも電力のロスがあるのです。

ほんの数パーセントなのですが、全国民にことを考えると莫大な数字になるでしょう。

しかし、太陽光発電は自宅で発電して、すぐ使えるのでロスがありません。

無駄なく電力を使えるということはとても素晴らしいことですね。

そして、補助金もあります。

すぐに補助金が降りるわけでもありませんが、予算があれば補助金が使えるそうです。

しかし、補助金制度も復活したり廃止になったりと安定しないので、この現状で補助金が降りるのかもちゃんと確認するべきです。

そして、補助金にも予算があり、誰しもがもらえるとは限らないそうなので常にアンテナをはっておきましょう。

2009年から余った電気を電力会社に売ることができるようになりました。

これは、太陽光発電を導入している人にはとても朗報でした。

10年間は、その売電価格が一定なので2009年から始めた人はかなりお得でしょう。日中に作りすぎた電気代を電力会社に売るといい時で1万円はかるく入金があるそうです。こうなれば、家庭の財布もうるおいますね。

最近起こった大地震で学んだことは、やはり電気が大事だという事。

しかし、停電や計画停電によりライフラインが確保できないこともあります。

しかし、太陽光発電なら災害時にも太陽の光が出ていたら電力を発電し、それを自立発電モードに変えるだけでちゃんと使うことができるのです。

そして、やはり大きなメリットは無限にあるエネルギー源です。

太陽がある限り、資源にお金をかけることなくエネルギーを排出できます。

原子力発電や火力発電には、やはり資源がいります。

そして、燃やしたものはとても有害なものなのです。

このようなことを考慮してもやはり太陽光発電が今の日本には、大きな影響を与える発電システムなのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です