太陽光発電の欠点

太陽光発電は、今の日本を救う自然エネルギーの救世主だと思います。

しかし、いいことばかりではないことを知っておかないと、導入する時に混乱を招いてしまいます。

では、太陽光発電の欠点も解明していきましょう。

まず、太陽光発電を導入するにあたって設置するのには初期費用がかかります。

この導入コストが一番のデメリットだと思います。

一般家庭に設置しようと思ったら、標準サイズで200万から300万円ぐらいかかるでしょう。
一般サラリーマンが300万円もの大金を用意するのはむずかしいと思います。

そう簡単に手を出せる金額ではありません。
太陽光発電がなかなか普及しないのも、この設置費用が高いからとも言えるでしょう。

もっと手頃価格だったらみんなが導入できるのですが・・・

まだ、そうはいかないところが現状です。

そひて、屋根に取り付けるものなのですこし家の外観の悪さが目立つかもしれません。

しかし、最近はスタイリッシュなものもあるそうなのでお洒落にエコ発電ができるかもしれませんね。

そして、施工業者にもちゃんと注意するべきです。

太陽光発電ブームに乗っかる悪徳業者もいます。

施工をミスされて雨漏りするケースもあるそうです。

業者はしっかり選びましょう。

また、太陽光発電の欠点として夜の発電ができないということがあります。

太陽光発電にとって必要不可欠なのが太陽の光です。

夜も発電できないわけではないのですが、乾電池1本にも満たない電力しか発電できません。

なので、確実に太陽光発電のだけの生活は今のところ不可能なのです。

必ずしも、電力会社なりガス会社なりに頼まなくてはなりません。

このことにより、電力の供給が一定ではないことがわかります。

そして、太陽の光が必要なので曇っていたり雨だった場合は、発電量が格段に落ちてしまったりします。もっと、天気に左右されず安定時給できたらいいのに。

そこはやはり太陽光発電の弱みなのでしょう。

場所を選ばないのが太陽光発電の魅力でもありました。

しかし、場所によっては発電しにくいところもあるそうです。ちゃんと影にならないかを確認したほうが良いでしょう。

設置したときは、ちゃんと日があたっていたのに、ある日ビルがたってしましい日が射さなくなってしまったというケースも少なくはありません。

このように、デメリットも多少はあります。

でも、自然エネルギーなのでそれも仕方のないことでしょう。デメリットも理解した上で導入を考えるのが最善の方法ではないでしょうか・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*